« 2007年9月 | トップページ | 2012年4月 »

管理費の負担

 管理費の負担はどうあるべきか議論になりました。

 標準管理規約では、専有面積比となっています。

しかし、ほんとうに専有面積比で良いのでしょうか。妥当性は如何にあるか、今一度考えてみる必要があります。マンションの管理・運営において、最も大事にしなければならないのは、公平性です。規約にどのようなことが謳われていようが、公平性は最優先されるべき原則です。規約は、公平性を担保するための基準であり、ひとつの指標に過ぎません。まして標準管理規約を尊重する必要など全く無いのです。

私は、一般のマンションでは、管理費は、面積比でなく一戸当りで負担するものだと考えております。

そのように考える根拠は、毎年総会で決める管理費の支出の項目にあります。今一度、ご自身のマンションの管理費とは、どのような内容に支出されているかご確認ください。

先ず大きな金額は、管理を管理会社に委託している場合であれば委託費だと思います。更に委託契約書をご覧になれば分かりますが、委託している作業で面積比負担が妥当だと考えられる項目がどれだけあるでしょうか。私どものマンションでは、一項目も見当たりません。

次は、清掃費です。これも共用部分が汚れるから清掃が必要となるのであって、しいて言えば汚す人が居るから清掃が必要となるのです。それでは、これは頭数で負担する。理論ではありえますが、現実的には煩雑で適当ではなく、又、住戸の面積には、何の関係もありません。

設備関連のランニングコストも同様です。

このようにランニングコストの負担については、面積負担はなじまず一戸当り負担で同額とする方に妥当性があり、公平と考えます。如何でしょうか。

又、運営の基本は、一人一票とするのが民主主義の基本です。

マンションの場合は、一戸です。

一部の発言もありましたが、「採決も面積割合とするべきだ」。マンションで何もかの面積比で費用負担するならば、(皆様の意見にかき消されてしまいましたが、)むしろこの意見の方が公平とも考えられます。(総会などでの採決が煩雑になり、とても現実的ではありませんが)

 管理費が同額の負担であれば、一戸一票の方に妥当性が生まれます。

 標準管理規約やデベロッパー・管理会社の専門家などと称するものに、決して惑わされること無く、ご自身で、【何が公平に近いか】じっくりお考えになり結論を出してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2012年4月 »